卒業生のメッセージ

青柳 慧昴さん / JR東日本情報システム

青柳 慧昴さん / ㈱JR東日本情報システム
大学併修科 2020年3月卒業
(福岡:久留米筑水高校出身)


挑戦できる環境で技術力を伸ばしながら
卒業後に即戦力となるエンジニアを目指せます。

入学の決め手は、国家試験の合格率と就職率の高さです。SE(システムエンジニア)としての経験が豊富な講師の授業を受けられ、北海道情報大学とのWスクールで学士を取得できる点にも魅力を感じました。卒業後はJR東日本情報システムに入社し、社内やグループ企業のDXを推進する部署で、社内向けのアプリケーション開発を担当しています。「どんな機能をどのように提供すれば、ユーザーの問題を改善できるか」を一番に意識して開発を進めるおもしろさとやりがいは、とても大きなものです。

陣野 孝文さん / 九電ビジネスソリューションズ

陣野 孝文さん / 九電ビジネスソリューションズ(株)
システムエンジニア科 2019年3月卒業
(長崎:佐世保商業高校出身)

ICTが注目される時代だからこそ
現代社会で活躍できる技能を身に付けたい

KCSの魅力は、何と言っても国家試験に向けた対策授業と先生たちの親身な対応です。学生時代に学んだシステム開発の技術やロジカルシンキングは、社会人になった今の自分の仕事に役立っています。近年、中高生の「就きたい職業ランキング」では、ITエンジニアやプログラマが常に上位にランクインし、小学校ではプログラミングが必修科目になるなど、ITがこれまで以上に注目される時代になりました。KCSでITの基礎から応用を学び、社会で活躍できる技能を身に付けましょう。

大塚 龍生 さん / D・A・G

大塚 龍生 さん / D・A・G
ゲーム・CGクリエータ科 2019年3月卒業
(佐賀:多久高校出身)


作品づくりも就職活動も
全力で取り組んで、夢を叶えましょう。

3Dアニメーターになる夢を叶え、キャラクターの歩き方や走り方、攻撃、感情を表現するような仕草のCG制作を担当しています。就職活動では、スキルアップのための企業課題活動に参加。先生にサポートをしていただきながら、最後まで諦めずに取り組んだことで、希望の職場に内定をいただくことができました。ゲーム・CG業界を目指すなら、とにかく作品を作ること。その全てが作品集になります。学生のうちからクオリティを追求して、クリエータになる夢を叶えましょう。

山本 若奈 さん / 武田メガネ

山本  若奈 さん / 武田メガネ
ビジネス科 2019年3月卒業
(福岡:朝倉東高校出身)


社会に出て実感するビジネスマナーの大切さ。
今頑張れば、必ず明るい未来が待っています。

メガネや補聴器、時計などの販売やメガネレンズの加工作業などの仕事に日々携わるなかで、KCSで学んだビジネスマナーがとても役に立っています。お客さまに対して、同じ会社の社員に対しても必要とされるビジネスマナーを、学生の間に実践的に身に付けておいてよかったと感じる毎日です。ビジネス科は、社会人になったときに役立つ資格や勉強をいち早く学び、身に付けられる場所です。今頑張れば、必ずいい将来が待っています。KCSで勉強も行事もしっかり頑張って、夢に向かって進んでいきましょう。

ネットサービスソリューションズ

内定者メッセージ/小山 湧暉さん
大学併修科
小山 湧暉さん
(熊本:玉名工業高校出身)

専門知識を学びながら
「学士」の学位を取得

IT企業への就職に有利な専門知識を4年間学びながら、「学士」の学位も取れるのは、KCSならではの特色です。資格取得などの勉強を通して多くのことにチャレンジできた学生生活は、充実した毎日でした。専門的な分野は難しいことも多く、努力が必要ですが、しっかりとサポートしてもらえるので、諦めずに夢を追い続けてほしいと思います。就職活動はストレスを溜め込まないよう、適度に息抜きをしながら進めました。履歴書の添削や面接対策なども、先生にアドバイスをいただきながら余裕を持って取り組むことができたので、本番まで落ち着いて進めることができました。先生方のおかげで、本当に働きたいと思う会社にも内定をいただきました。これからもKCSで培ったスキルを活かしながら仕事にも趣味にも全力で取り組んでいきたいです。

JR東日本情報システム

内定者メッセージ/内 純也さん
エンジニア・クリエータ科
内 純也さん
(福岡:福岡大学附属城東高校出身)

自分が好きなことを貫き
志望企業の内定を獲得

KCSは、資格取得から就職までを手厚くサポートしてくれる学校です。授業では、今までプログラムを書いたことのない人でも、一から教えてもらえます。また、同じシステムエンジニアという夢を持つ仲間とともに切磋琢磨して知識や技術を磨くことができました。就職対策では、放課後にも先生に時間を作っていただき、履歴書やエントリーシートを丁寧に添削していただいたり、納得がいくまで面接練習に付き合っていただいたりしました。毎日練習をして、自分のやりたいことを貫いたことで、内定まで妥協せずに就職活動を続けられたと思います。これからは、日本の鉄道インフラを支える企業で多言語・多分野の能力を持つシステムエンジニアを目指します。培ってきた技術を活かし、社会の人々の役に立てるよう励みます。

Boundary(バウンダリー)

内定者メッセージ/祐信 忠良さん
エンジニア・クリエータ科
祐信 忠良さん
(熊本:熊本国府高校出身)

絶好の機会を逃さず
志望企業の内定を掴み取る

高校時代にある映画を見て、CG技術の素晴らしさに感動しました。KCSにはゲーム科があることを知り、CGを学ぶために入学。1年次では基礎を学び、2年次から本格的な制作を進めました。将来クリエータを目指す人は、放課後も自主制作に充てて、ポートフォリオを作る余裕を持つとより良い学生生活を送れると思います。就職活動では、チャンスが訪れたときに、逃さずしっかりと掴むことが大切です。私も、担任の先生からアニメ制作会社を紹介してもらった際に、「これはチャンスだ!」と思い、すぐに応募して、内定をいただくことができました。これからは、内定先の企業で「背景モデラー」として経験を積みます。実力をつけ、モーションやキャラモデルにも挑戦する予定です。「マルチに活躍できる人になりたい」という願望ではなく、「必ずなる!」と強い意志を持って目標を達成したいと思います。

ライドオンエクスプレス

内定者メッセージ/藤野 有紗さん
ビジネス・コーディネータ科
藤野 有紗さん
(福岡:福岡講倫館高校出身)

資格・検定の勉強に集中して
学生時代からの夢を実現
高校生の頃から内定先の企業でアルバイトをしていました。どんなことよりも仕事が好きで、そのまま就職を決めたとき、先生は「いいじゃん、すごいじゃん!」と否定の言葉一つなく、背中を押し続けてくださりとても嬉しく思いました。仕事で必要なWordやExcelでの事務作業も、授業内で集中して勉強して検定を受験し、資格を取得することができました。就職活動では、面接の対策や実技練習を中心に履歴書作りや自己分析の時間を多く取り、自信が持てるまで練習を重ねることを心がけました。資格・検定の勉強に集中して取り組むなら、時間は学生時代しかありません。KCSは、テキストや模擬試験でしっかりと対策ができて、今後の人生で必ず役に立つ資格を取得できます。2年という時間をぜひ有意義に過ごして、夢を掴んでください。